2014年10月アーカイブ

スマホアプリ

| コメント(0)

昔はテレビゲーム派だった私がオンラインゲーム派になり、
いまではスマートフォンのアプリゲームにも
どっぷりとハマってしまった管理人です、、、。

現実逃避から多少逃れたとはいえ
手軽に出来るゲームがあればつい手を出してしまいます。

ポータブルゲームを持ち歩けば昔からどこでも
ゲームをプレイするのは可能でしたが、
スマホアプリの最大にいいところは無料で何種類もの
ゲームが楽しめることです。

アプリを作っている大多数が私のような
現実逃避型ゲーマ-だと思っていますが、
あのメタップスも上場するみたいですよ。
アプリ業界がまたひとつのし上がる瞬間が見れそうですね。

私の子どものころは、テレビゲームが基本となっていましたが
最近では小学生のころから携帯を持ち、
小さい子たちでもスマホやタブレットを使いこなす時代です。
その子たちの行く末はどうなるのでしょうか。

現実逃避をしていた身で人のことを案じている余裕は
ありませんが、心配です。

SNSが発達していく中、顔を会せなくても会話が出来て
お互いの近況が分かってしまう時代です。
今、蔓延しているソーシャルメディア症候群も
まだまだ広がっていきそうな現代病だと思いますね、、、。

いいね!が欲しくて注目されるような投稿をしたつもりが
友達からの反応が悪いと落ち込んでしまうような症状です。
自分は嫌われているのだろうか、、、
文章の何かがおかしかったのか、、、
反省しなくてもいいことを反省してしまうんですよね。

SNS活用は悪いことではありませんが
考え込まないようにしないといけません。

ゲーム三昧の生活から一転

| コメント(0)

学校だけは行きながら、ゲーム漬けの日々を送って数年。
学校にいる間も常に考えるのは、帰ってからのゲームのことだけ。
友達なんてほとんどいないし、楽しみはほんとにそれだけでしたからね。

私の場合、実家に住んでいたからまだマシだったかもしれないけど、
一人暮らしをしていたらバイトもしなければ生活できないし
ゲーム三昧の生活なんて送れなかったでしょうね。

実家暮らしは家賃や食費もいらないしバイトをする必要がなかったから、
本来なら大学生がバイトに費やす時間をガッツリゲームにつぎ込んでましたね。
そう考えると、
「実家にいたからこそネットゲーム依存症になってしまった」ともいえるかもしれません。
いや、それは完全なる責任転嫁ですね、、、。

ある日、毎夜一緒にオンラインゲームをしているゲーム友達たちは
収入はどうしているのかと不思議に思い、情報共有をよびかけてみました。

みんな実家暮らしで私と同じような生活を送っているとばかり思っていたのに、
ある友達にこのサイトを教えてもらって愕然としました。
私は自分の時間をゲームにのみ費やしていましたが、ゲーム仲間はそうではなかったんです。
ゲームをしながらも確実に利益となることをやっていたんです。


確かに同じようにネットに時間を費やすのであれば、ゲームはやめれないけれど、
ほんとちょっとの時間をあきらめることはできる!
しかも収入につながるのであればなおさらです。

そんなわけで、教えてもらった翌日から必至になって調べてみたわけですが、
正直もっと早く教えてもらいたかった。

それから私のゲーム三昧の生活が一転したのは言うまでもありません。
もしかしたら私はゲーム依存症ではなく、ネット依存症だったのかもしれません。

カテゴリ

  • ゲーム